watariロゴ

サイザル麻のバッグ

2020年3月20日























サイザル麻を編んだショルダーバッグが
新入荷しました。




細かく丁寧に編み上げられていて、
取っ手部分は革のワンショルダー。
底が丸いバケツ型なので
見た目よりも容量があります。




さっと気軽に肩にかけ、春のおでかけに。






¥5,000.- +tax
 ケニヤ製
 底部直径18 × 高さ22 × ショルダー65cm






Category

タイのトレイ

2020年3月13日















ニッパやしで編んだトレイが再入荷しました。





いろいろな柑橘類が出回っているこの季節は、
たくさん食べてビタミン補給。
パンをいくつか並べて食卓に出しても。



インテリアとして壁に飾っても楽しいです。














¥2,900.- +tax
 タイ製
 直径28.5cm






Category

松江・袖師窯について

2020年3月6日














ひとつ前の投稿で袖師窯から届いた商品をUPしましたが、
今回は、それらを作陶している窯元について
ご紹介したいと思います。







島根県松江市袖師町にて窯を築いた <袖師窯>。
その歴史はとても古く
140年以上も前から代々窯を守っており、
現在は五代目が活躍されています。






袖師窯五代目 尾野友彦さん










三代目は柳宗悦の民芸運動に共感し
河合寛次郎、浜田庄司、バーナード・リーチなどの指導を受け、
以来今日に至るまで民芸陶器の窯として知られるように。
工房の中央には
「ドコトテ御手ノ真中ナル」という柳宗悦の言葉が
掲げられていました。












地元に産する陶土や原料を使用し、
強くて使いやすく、簡素な中にも潤がある器をつくることを
心がけていらっしゃるそう。
昔から変わらぬ技法でも、
現代の暮らしにも溶け込む健康的な器が
この工房からたくさん生み出されています。











余分な小石や砂利などを取り除いて濾過して土をつくり、
力を込めて練り上げ、
轆轤や型で成型、素焼き、絵付け、本焼き、と
ひとつの器を完成させるために
どれだけの時間と労力がかかっていることか。
本当に頭の下がる思いです。




ぜひ多くの方に
楽しんで使っていただきたいです。






Category

松江・袖師窯の器

2020年3月5日










































松江・宍道湖のそばにある <袖師窯> より
さまざまな器が届いています。





和食はもちろん、洋食にも、
お菓子や果物までどんな食材も受けとめてくれる
使い勝手の良い器たち。


watari ではオープン当初から取り扱っていますが、
リピーターの方も多く、人気の高さがうかがえます。





手に馴染みが良く、
使うほどに愛着の増す品々。



新しい器が加わることで
食卓に新たな楽しさが生まれそうです。






Category

インドネシアの椅子

2020年2月17日


















インドネシアのラタンの椅子は
ちょっと低めの座高で、
座ってみるとなんだか妙に落ち着く。



靴紐を結ぶのにもちょうどよい高さ。
和室にもすんなり馴染む。
軽いので部屋のあちこちに移動できる。
ベランダでボーッとするのにもよさそうだ。




ぐるぐるうず巻き状の座面も面白いです。
在庫は残りわずかとなりました。





¥6,000.- +tax
 インドネシア製
 ラタン
 約 35×38×座高30cm






Category

ベトナムのポーチ

2020年2月7日





モン族 / 11×12.5cm






モン族 / 12.5×19cm






モン族 / 18×20cm






モン族 / 18×23.5cm






黒モン族 / 14×20cm










どれも色鮮やかで繊細な手仕事です。
黒モン族のものは、
ろうけつ染めのベースに黄色の刺繍をところどころ。


サイズもそれぞれ使いやすく、
何より、持っていて楽しい気分になりそうです。





¥2,300.- 〜 ¥3,000.- +tax
 ベトナム(モン族 or 黒モン族)
 黒モン族のポーチはひと回り大きいサイズもあります






Category

Copyright (C) 2020 watari. All Rights Reserved.