watariロゴ

梅花亭

2015年8月23日

 

 

th_IMG_0634

 

 

 

 

 

 

 

深川不動尊の赤い鳥居をくぐって左側、
<梅花亭 深川店> は、
うっかりすると見過ごしてしまうくらいの
ひっそりとした佇まい。

 

 

 

隣駅の茅場町(霊岸島)にある本店は
嘉永3年(1850)に創業、
歴史のある和菓子店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

th_IMG_1486

 

 

 

右の <亞墨利加饅頭> は、
長崎帰りの蘭学者 宇田川興斎の話をヒントに
嘉永6年(1853)に考案されたのだそう。

やさしい白餡、
上にのった胡桃がアクセントに。

 

 

 

 

 

一方の <仏蘭西饅頭> は、
黒餡をビスケットのような洋風生地でつつみ
その上にメレンゲをかけて焼き上げたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

th_IMG_1485

 

 

 

梅の花の中に、
鶴が飛ぶ姿を模した「亭」の字が。

 

 

縁起が良く、品のある包装紙も素敵です。

 

 

 

 

 

 

Category

#私的深川案内

2015年4月2日

 

 

th_IMG_0309

 

 

 

 

watari のそばを流れる大横川沿いの桜並木は、
それはそれは見事な眺めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私的深川案内」という
門前仲町〜清澄白河周辺マップを作ってから、
地図を片手に散策される方もちらほら。

 

本当にうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このホームページからも閲覧できる
インスタグラム
(画面左上のカメラマークをクリック)にも、
#私的深川案内  というハッシュタグをつけました。

 

 

#私的深川案内  という青い文字をクリックすると
タグ付けされた写真のみの一覧が出て、
地図の紙面上に載っているお店のオススメや
載せられなかった周辺スポットの紹介が
チェックできるようになっています。

 

スマートフォンだけでなく
パソコンやタブレットで
このブログを見てくださっている方でも、
上記の方法で、
<写真版 #私的深川案内> を
ご覧いただけると思います(たぶん)。

 

 

 

 

 

 

ただいま配布中の
紙の「私的深川案内」に加え、
スマホ・パソコン上の #私的深川案内 も、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

「私的深川案内」

2015年3月24日

 

 

th_写真

 

 

 

 

門前仲町でこの店をはじめて、3年。

 

多くのお客様、近隣のみなさまに支えられ、
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

この3年という節目に、
ずっとやってみたかったことを形にしました。

 

 

 

「私的深川案内」は、
ごく私的な目線で描いた
門前仲町〜清澄白河周辺の地図です。
いつも通っているお気に入りの店はもちろん、
文化・歴史が根づくこの町ならではの
史跡、寺社、そしてたくさんの橋…
そういったものも多く盛り込みました。

 

エッセイ「門前仲町— 川面から桜を眺める」は、
BEAMSクリエイティブディレクター/文筆家の
青野賢一氏によるもの。
昨年のさくらまつりの頃の町の様子や
歴史的側面から見た門前仲町の面白さが詰まった、
とても興味深い作品です。

 

江戸城築城の際の石置き場だった古石場地区、
江戸城で使用するお椀を保管していたという和倉橋跡
(わんぐら が転じて わぐら と呼ばれるようになった)、
松平定信の別荘だった海荘(はまやしき)跡、
日本最古の鉄橋といわれる八幡橋、
勧進相撲発祥の地である富岡八幡宮、
小津安二郎監督ゆかりの小津橋 …
などなど、挙げればきりがありませんが、
たくさんの個性的で素敵なお店とともに
町の今昔にも思いを馳せながら、
この「私的深川案内」を
散策のお供にしていただければ幸いです。

 

地図への掲載を快諾してくださったお店のみなさま、
私の頭の中を形にしてくれたデザイナーのagasuke さん、
文庫本を読むような楽しさを提供してくださった青野さん、
本当にありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。

 

 

 

「私的深川案内」は
明日 3/25(水)より watari にて配布開始、
ほかにもいくつかのお店に
置いていただく予定です。

 

どこかで見かけたら、
ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

 

 

さくらまつり

2015年3月19日

 

 

 

th_IMG_0184

 

 

 

 

写真は、今朝の大横川沿いのさくら。

 

今年は開花が早いそうで。

 

 

満開になると
遠くの方まで一面ピンクに染まって、
巴橋からの眺めもそれはそれは美しいです。

 

 

 

 

 

 

さくらまつり(3/28〜4/19)期間中の土日は、
和舟に揺られながら
水辺のお花見も楽しめます  

 

  10:00〜16:00(受付開始9:30)
  黒船橋⇔巴橋   20分周遊
  先着700名
  500円 おみやげ付き

 

 

 

th_IMG_39701

 

 

 

 

 

 

中じ満

2015年3月12日

 

 

th_写真

 

 

 

 

 

 

絵に描いたようなハンバーグには、
ごはんと味噌汁がついてくる。

 

お箸で食べる洋定食。

 

 

 

 

 

 

門前仲町の細い路地にたたずむ
<レストラン中じ満(なかじま)> は、
この地で3代続く洋食屋。

 

 

椅子に立てかけられた表の看板にも、
これぞ洋食、といった魅力的なメニューが並びます。

 

 

 th_写ー真

 

 

 

 

 

あと1ヶ月もしないうちに桜の季節。

 

大横川沿いの中じ満からも、
もうすぐ
見事な桜並木が楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

レストラン中じ満


 江東区富岡1-1-17
 03-3641-2088
 11:30〜14:00 / 17:00〜21:00
 日祝休

 

 

 

 

 

 

Category

Blue Bottle Coffee

2015年2月5日

 

 

th_IMG_9857

 

 

 

 

 

いよいよ、
明日2/6(金)オープンです。

 

ブルーボトルコーヒー   。

 

 

 

 

清澄白河(江東区平野)の元倉庫を使った
この大きな焙煎所&カフェは
オープン前からかなりの話題を集めていますが、
実はここ、
watari のある門前仲町にも
歩いて10分ほどの場所なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーボトルから
清澄白河駅とは反対方向に進み、
木更木橋を渡り、
葛西橋通りを越えると、


  (交差点そばには
   こうかいぼう という有名なラーメン屋さん)

 

 

 

左側には、中山堂  という
大正12年創業の老舗和菓子店が。

   th_写真

 

 

 

 

高速高架下をくぐると
左側に見えてくるのは、
勧進相撲発祥の地ともいわれる
富岡八幡宮。
第 1, 2, 4, 5 日曜日の骨董市も楽しい。

   th_IMG_9587

 

 

 

 

永代通りを越え
巴橋を渡って、


   th_IMG_9556

 

 

 

ひとつ目の信号を左折すると
watari に到着。

 

 

ブルーボトルから
ただただ、直進です。

 

 

 

 

 

 

周辺にも美味しいお店が
たくさんあります。


コーヒー巡りとともに、
ぜひ門前仲町にも足をお運びください。

 

 

 

 

 

 

Category

Copyright (C) 2018 watari. All Rights Reserved.